フロンテーラの世界
Euros在住・ガミラス帝国所属の、ノエル・フロンテーラによるいささか無謀?な航海


プロフィール

ノエル・フロンテーラ

Author:ノエル・フロンテーラ
     
サーバー  Euros
国籍    イングランド
所属商会 『ガミラス帝国』

注意事項 無関係なコメント、サイト誘導と思われるコメントは削除します。
コメントによっては書き込めないようにしてあります。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サルガッソー海
チャーミーがバミューダー海域を発見したとか。おめでとう。
ここは、今でも消失が続く不可解な海域で、当時はサルガッソー海と言われてました。

バミューダー海域・・・。
当時はサルガッソー海として知られていた海域。

植物名『サルガッソー』

葉の裏に吸盤を持ち、動く物に絡み付くため、船などは舵などに絡み付かれて航行不能になる。蒸気船の時代になってもそれは同じで、スクリューに絡み付いて船を航行不能に陥れるとか。
また、サルガッソー海は年中無風で霧に閉ざされているので、ここに迷い込んだ船は二度と生還出来ないと言われる。それ故、サルガッソー海は、別名『船の墓場』と呼ばれて怖れられていた。
風を動力とする帆船には、それは致命的ですからね。移動出来るのは、軽量のボート程度なのでしよう・・・。そうして難破した船は、やがて食料が尽きて乗員が全滅するから、霧の中に漂う幽霊船と化す運命・・・。
現代にも、サルガッソー海から生還した・・と言う話があるとか。真偽の程は不明ですが・・・。

幽霊船に関しては次で述べます
テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。